トップページ >広く見せるポイント!!

広く見せるポイント!!

こんにちは、大塚です。
気が付けばもうすぐ7月ですね!
1年の半分が終わったと思うとホントに時間が過ぎるのが早く感じます。

今回は視覚的に広く見せるポイントです。
広さのない部屋でも、上下の空間を意識することによって視覚的に広く見せることが可能です。
代表的なものとして、【吹抜け】【勾配天井】があります!

1.吹抜け
 狭小地では、横への広がりが限られているので、上下の広がりを加えることで、空間に広がりがでます。
 上部の窓からの光を採り込めば、狭さを感じさせない明るく開放感たっぷりの空間になります。

2.勾配天井
 勾配天井とは、天井高が一定でなく傾斜になっている天井のことで、通常の天井より高さがあります。
 天井の高さを少しでも高くすることにより視線が上にいくので、ゆったりとした立体的な開放感を感じることが できます。
 例えば、同じ広さの部屋でも天井の高さが違うだけで、部屋が広く感じます。

D8C_2258
吹抜けで上下の空間がつながることによって、
開放感もあり、家族の繋がりもより生まれます!

狭小住宅について色々とご紹介をしてきましたが、工夫によって狭小地でも住み心地のいい家は建てることができます。
狭小地だからこそ、固定観念にとらわれず自由な発想で家づくりができますし、どんな家づくりでも楽しむことには変わりありません!!
世界に一つだけのその家族の家づくりを一緒に楽しんでいきましょう!
----------------------------------------------------------------------------------------------

【小さな土地に希望の家が建つのかな?】
【利便性がいい所に家を持ちたいけど、ちょっと予算が...】
【実家の敷地内に家を建てたい】

こんなご希望やご不安をお持ちの方は、ぜひオルガの家の無料相談会にお越し下さい。
オルガの家で理想の住宅を一緒につくっていきましょう!
スタッフ一同、ご予約・ご来場をお待ちしております。
2017年6月27日 投稿|