トップページ >配筋検査

配筋検査

こんにちは!

一宮市の現場で配筋検査を行いました。



配筋検査とは鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。
コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを
チェックすることを「配筋検査」といいます。
建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。


IMG_1604 IMG_1605
 IMG_1608 IMG_1609

2020年4月18日 投稿|