トップページ >金魚のアート

金魚のアート

こんにちは!!
この時期だけでしょうか?毎日の最低気温と最高気温が気になりませんか?
朝晩は非常に涼しくなり、また段々とインフルエンザが流行ってきているみたいですね。
体調管理にご注意下さいね♪♪


さて、先日刈谷市美術館で催されている金魚絵師 「深堀 隆介展」にいってきました。
何度かテレビでは見たことがあったのですが、本当に作品!?
とつっこみたくなるほどなんとも不思議な感覚です。


A4


金魚の持つ神秘性に魅了され、透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという斬新な手法で
器に何層にも樹脂を流し込み、その各表面に絵を描き重ねることで現れる金魚は、本物と
見紛うばかりのリアリティと立体感で見る者に迫ります。


bf0a9323b4b0f6b1dce562e78c7c267e


金魚との出会いは、7年間放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに
衝動を覚えたこと、金魚に救われたというこの出来事を「金魚救い」と呼び、その後、金魚に
自分を重ね、表現を追究してきたそうです。
このアートの初期段階の作品の展示もあり、クオリティーの高さに魅了されました。


Z3BqLi1zd01BQVlVdFlET3FoRC9haWRlbS9tb2MuZ21pd3Quc2JwLy86c3B0dGg=-d16


今にも金魚すくいをしたくなるようなこの立体的な作品は、
子供も楽しめます。
身近な金魚だからこそ、楽しめる作品でもあるので、
お子様を連れて芸術に触れるのもいいですね^-^
2018年9月28日 投稿|